気の向くまま不定期日記

「釜山でお昼を」の頁の製作やイベント・周辺のできごと
福岡日韓フォーラム20周年記念
0
    11/16の土曜日は福岡市早良区西新にある西南大学の小ホールで福岡日韓フォーラムの例会がありました。
    20周年記念行事なのでパンソリの先生の演舞と解説になりました。
    始まる前に、合いの手の掛け声を入れる練習があり、パンソリを澄まして聞くのはマナー違反で、演舞者と
    観客が一体となるのが自然だと教わりました。
    近くで演舞を楽しめる機会は初めてなので、企画された方々に感謝です。


    例会の後は記念撮影をして立食パーティーになりました。

    博多駅に着くとクリスマスのイルミネーションが始まっていました。

    駅前広場の木々は白く輝き、早くも年末を感じさせてくれます。

    その日はスタバックコーヒーの無料サービスもあり、暖かいコーヒーも味わう事ができました。
    | けい | 釜山 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    東莱市場のカルククス
    0
      週末から10/14の連休は 恒例の釜山旅行でした。

      今回は東莱市場と周辺、それにタルトンネのひとつである安昌村の散歩の2つがメインでした。

      東莱市場の内部


      カルククスは文字に在るようにカル=刀 ククス=麺 なので 刃物で切った麺の意味です。
      最近の麺(カルククス)は工場生産品がほとんどですが 東莱市場内の食堂では昔ながらの
      やりかたです。

      お値段もお手ごろのW2500 市場内を通る際はここで食べる人が多いようです。

      注文してから茹でるので時間はかかりますが キムチを食べながら待つ時間も楽しみです。
      厚揚(ゆぶ)の入ったカルククスは美味しかった。
      | けい | 釜山 | 16:40 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      世界ふれあい街歩き 釜山編
      0
        2006年12月21日(木) 放送分の釜山編を見て驚きました。
        宝水洞の古本屋街のシーンで私が古本屋に入っていくところがアップで写っているではありませんか!
        後ろからなので顔は映っていませんがw 

        数年前から今は区役所と登記所ばかり回っていますが、5.6年前は図書館がメインでした。
        それ以前は古本街や骨董市での新聞・雑誌を集めていたので、偶然TV撮影に出会ったのでしょう。

        偶然とはいえ 釜山に縁のあるものだと喜んでいます。

        「世界ふれあい街歩き」は地上波で放送している時は出来るだけ見るようにしていましたがBSに
        移動してからは縁が切れ、存在を忘れていました。
        通常の旅番組は名所・名店の紹介が主ですが、この番組は普通の街の姿を映しているので私の好みに
        合っていました。

        釜山でもタルトンネ(月の街)と呼ばれる山の急斜面に並んだ家と細い路地も紹介していました。
        朝鮮戦争の避難民が住み着いた自然発生の街なので不良住宅として釜山市は排除する方針のようです。
        狭い路地の価値を知らないのは仕方の無い事ですが・・・・
        | けい | 釜山 | 20:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ニューかめりあで釜山に
        0
          博多と釜山を結ぶフェリー「ニューかめりあ」を使った気楽な旅行に出かけました。

          「かめりあらいん」はいろいろな割引運賃が設定されているので事前にホームページを
          チェックするとお得なプランを見つけることができます。
          誕生日割引やJR高速船ビートルをつかった「Bかめチケット」などいろいろ利用しています。

          今回は ブログに体験記事を載せると往復運賃5000円という制度を利用しました。
          毎日 先着1名様が予約できるので事前に応募して置きました。

          ニューかめりあは2万トンで大東亜戦争時代の空母に匹敵する大きさで安定感があります。

          客室の最先端は展望ロビーです。

          ここでお弁当を食べながら博多湾の様子を眺めるのが私の旅行のスタートです。
          その後 お風呂に入り、部屋で読書と昼寝・・・・
          日常から離れた贅沢な時間の流れを楽しむことができるのが船旅の良さです。

          入国手続きを終えて活気のある釜山の町に出て夕食を取る場所を探します。

          今回はイイダコと貝のチャンポン(W6500)を食べる事にしました。
          庶民が食べる大衆食堂が好きでB級グルメメニューが私の旅を支えています。

          翌日の朝 今回の旅の目的である釜山市江西区加徳島外洋浦の旧日本軍要塞跡を訪ねました。
          要塞砲の場所は韓国軍の管理で入れませんが弾薬庫や兵舎跡地は入ることができます。
          弾薬庫の様子

          拡大したところ、旧日本軍の迷彩塗装が残ってるのは驚きです。
          内部から外を見た様子
          | けい | 釜山 | 14:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          閉鎖登記簿を探す
          0
            釜山旅行から無事に帰ってきました。

            今回は釜山海洋大学訪問と富民洞にある登記所を訪ねるのが目的でした。
            海洋大学は挨拶がメインになり、登記所で日本時代の閉鎖登記簿を見ることで住所の特定作業の
            裏づけをしたいと思いました。

            取って来た閉鎖登記簿です。今回は釜山広域市中区東光洞2街1-から2街110番地までの枝番号の
            全部です。

            本町2丁目1番地から10番地を調べたいのですが・・・・・
            困ったことに戦後の住所改定で昔の本町2丁目3番地は東光洞2街3-1と東光洞2街3-2に分離されて、
            本町2丁目4番地は東光洞2街5番地に編入され消えています。
            そして登記所では戦後の地番でしか申請できないのでどのように地番が変化したか知らないと
            戦前の住所にたどり着く事が出来ないシステムです。分からない人は混乱します。

            表題部の拡大です。昭和2年9月1日の釜山府の住所改定で琴平町1番地が本町2丁目9番地になった
            ことが分かります。

            戦前の釜山府も明治、大正、昭和2年、10年と大幅な地番改定があるので特定作業が複雑になる
            のは仕方ありません。
            推理小説を読むように解読する楽しみを覚えると抜けられませんw

            登記簿の表題部だけでも面白いですが、甲欄の所有者の変化も興味深く、乙欄の抵当権登記を
            見て経済活動の推測もやめられませんw

            この場所(267坪)は釜山実業家で著名な坂田文吉さんが住んでいました。所有権を見ると
            大正5年に三井物産に売買され、昭和6年に釜山府に所有権が移転しています。
            戦後は1967年に金載鎬さんに売買され、1977年に李承珍ほか10名の共有になっています。
            | けい | 釜山 | 10:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << June 2017 >>
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE