気の向くまま不定期日記

「釜山でお昼を」の頁の製作やイベント・周辺のできごと
<< 釜山府尹の最終は宇野友八? | main | 釜山府尹の最終は富山修 >>
日韓関係の流れ2010
0
    土日の釜山短期旅行から帰ってきました。
    今回は 霊山大学で国際政治の先生である崔永鎬氏と話す機会があり、彼の著作である
    「日韓関係の流れ2010」を貰いました。

    私の韓国語能力は低いので彼が日本語で話す事で情報交換ができました。韓国語能力の
    向上を考えますがその時間で歴史資料を読んだ方が良いと考えてしまうので会話能力は
    当分そのままかもしれません;

    この本も目次やタイトルは何と分かりますが、本文までは無理です。辞書を引きながら
    だと分かるかもしれませんが、時間がかかりそうなので、面白そうな箇所だけ読む事に
    なりそうです。

    在日の事に詳しく述べているので韓国人から見た在日人たちの捕らえ方が分かるようで
    興味深いものです。
    会話の中で最初に日本訪問して在日の人と会うのは怖かったと聞きました。
    何故なら、韓国では在日は「アカ」=共産党と支持者と教えられたからのようです。
    表面は普通に見えても中は赤いので警戒が必要だと講習を受けてから訪日したそうです。

    韓国人は在日に強い警戒心を持っているのが通常のようです。

    画像は終戦で韓国に帰国する人たちです。(博多港引揚(平成23年):77頁から引用)

    釜山から日本に引揚した人たちは小さな手荷物以外は没収され無一文の帰国と対照的に
    大きな荷物です。
    ところが・・・・大きな荷物を自宅まで持ち帰ることが出来た人は少数だったようです。

    釜山の港に着くと独立運動家と自称する武装集団が現れ、すべてを取られたようです。
    建国準備委員会(建準)は有名ですが・・

    朝鮮臨時軍事委員会、自治隊総司令部、光復軍国内支隊、学兵団、朝鮮国軍準備隊、
    韓国革命軍、長銃団・・・などが主な私兵団体です

    1945年11月13日 米軍は私兵団体を一括して非合法として禁止したようです。
    | けい | | 17:48 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    新たな交友から、昔の事実が判明してくる感じってゾクゾクしますね。在日に対する韓国人のイメージがそんな風に教育されていたとは、知りませんでした。国策がわかって大変興味深いです。

    こんな写真初めて見ました。大きな荷物はお布団・衣類・貴重品などでしょうか。非合法の没収など戦後の混乱・矛盾をみんな生きてきたのでしょうね。釜山のお年寄りが当時のことを考えたくもない、と言っていたのを思い出しました。
    | きのこ | 2012/04/18 5:43 PM |
    大きな荷物を持って帰国したことまでは日本の資料に在りますが、釜山の港に着いてからことは記録が少ないので分かりませんでした。
    韓国では荷物を盗られたより、独立運動=私兵集団を称えることが多いのが面白いと思います。
    | けい | 2012/04/24 12:35 PM |









    http://busan-blg.nekonote.jp/trackback/15
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE